ラジコン飛行機は男にとって憧れのおもちゃ

スポンサードリンク        プライバシーポリシー

ラジコン飛行機は、男の子にとって憧れのおもちゃであり、また小さい男の子だけでなく男性にも人気があります。既製品として販売されているものを購入して遊ぶ人もいますし、自身でオリジナルのものを作る人もいます。

最近特に注目を集めているラジコン飛行機は2008年に正式発表されたばかりの2.4GHzプロポです。新しい技術を搭載したこのラジコン飛行機は、電化製品などと同じ周波数を使用しています。 通常、多くの周波数は通信に用いられるため、免許が無ければ取り扱えないのですが、このラジコン飛行機は電化製品やインターネットなどと同様の周波数を用いているので、特に免許は必要ありません


今までのラジコン飛行機の数段上をいく新しい技術を採用しているため、ノイズ混信の影響を最小限に抑えることに成功しています。 ですから、メーカーの合同テストでは、同時に15台まで一緒に使用することが可能であるとの結果が出ています。

SPONSORED LINK


ラジコン飛行機メーカー

JR PROPOの製品は14万7000円と価格は高めですが、この2.4GHz専用送信機
内臓タイプが充実していることで、ファンからの注目を集めています。 さらにDX7DX12という
新製品が加わり、選択肢の幅が大きく広がりました。

また、この新製品のラインナップに合わせて7chの受信機や室内・パークプレーン用の
小型受信機も発表されたために、さらなるニーズへ応えることが可能となっています。

SANWAでは、現在開発中の2.4HGz・10chプロポSD-10G
ファンからの注目が集まっていす。
2008年に開催されたラジコン飛行機などの展示会でその姿を見せてから、
ファンの関心は一気に高まったと言っても過言ではないでしょう。

SD-10Gでは高速応答を実現し、増設可能なメモリーカードシステムを搭載、PCとの連携などを
視野に入れ作られています。価格はまだ未定ですが、発表が楽しみな商品でもあります。

JR PROPOSANWAと同様、ラジコン飛行機ファンから注目を集めているのは、
Futabaです。Futabaからは、14MZや12Z、12FGやFF10などのマルチモード搭載の
商品が豊富にラインナップされています。

受信機の方でも開発が進み、なんと重さがたった3.8グラム
インドア用R6004FFが発表されました。

ラジコン飛行機初心者はプロポにこそコストをかけよう!

ラジコン飛行機初心者にとってプロポ選びはとても重要です。

初心者の場合、ラジコン飛行機本体にコストをかけてしまいがちですが、
実はこのプロポこそがコストをかけるべきところなのです。

機体は墜落して壊れてしまう可能性がありますが、このプロポは墜落の
心配がないため、滅多に壊れるといったことがありません。
プロポを選ぶ際は、その点を視野に入れてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク